FX情報BLOG

FXのノウハウ,動画,ツール,アプリ,ソフトなど最新情報を紹介するブログです。

ボルマン理論FX(制作:長谷川周一)がバージョンアップ!2020年版(Ver03)をリリース

Written by fx / 06 01 2020 / コメントなし

長谷川周一氏の「Hyper Click Billionaire Scalping」シリーズ『ボルマン理論FX~億トレーダーへの道』が、2020年版(Ver03)にバージョンアップされました。

今回のバージョンアップは、比較的大きなもので、例えるなら、Windows10のメジャーUpdateのようなものです。

新バージョンの2020年版(Ver03)の特徴としては、新たにスキャルピング向けに開発し、既存の通貨強弱判定ツールにおける欠点を克服した「多通貨MF(マルチフレーム)トレンド検知機能」が追加されたことです。

恐らくこれまで、通貨の強弱を判断する場合、Matafのページなどを参照していたトレーダーも多数いるかと思いますが、更新頻度が低すぎるため、全くスキャルピング向けとは言えないのが現状です。

また、通貨の強弱を一目で(デジタル的に)確認できるツールもあるようですが、単純に今現在の瞬間における強弱が判断できても、その傾向がどこまで継続するのかは誰にもわからないため、あまり意味はないように思われます。

ですが、ボルマン理論FX(2020年版Ver03)では、スキャルピング向けの非常に短いスパン(1分足又は60~70Tick足程度以下)でのレート推移の流れをグラフで視覚的に確認することができ、しかも非時系列であるティックチャートをベースとしているため、値動きの活発な時間帯ほど更新頻度が高くなるという特徴があります。

加えて、音声(独自のBeep音)によって感覚的に監視対象通貨ペア(主要7通貨ペア)全体のトレンド方向、相場の勢い、動意付きなどをいち早く検知できる優れものです。

その他、旧バージョン(2019年版)の特徴も全て引き継いでいます。

ボルマン理論FX~2020年版新バージョンはこちら

長谷川周一氏の「Hyper Click Billionaire Scalping」シリーズ『ボルマン理論FX~億トレーダーへの道』には、必要最小限の機能に限定したバージョンから、自動エントリー機能を付加したSP(スペシャル)バージョン、そして、SPバージョンの自動エントリー機能に加え、Hyper Click FXと同様、MT4 EA、インジケーターのシグナルをクリック信号に変換して一般的な国内業者(GMOクリック、DMM.com、JFX等)のシステムに自動発注を出せる機能を付加したEX(エクストラ)バージョンの3種類があります。

※なお、EXバージョンでは、インジケーター自動売買化EA(HyperSignTrader)も付属していますので、Hyper Click FXをお持ちでない方には大変オススメのバージョンとなっています。

Comments are closed.